三ツ星の評価を獲得した高山の魅力とは何?

海外が先に魅力を知った

岐阜県は空港がないので、交通アクセスの面で旅行先としては不便な印象があることから、国内旅行先としては知る人ぞ知るスポットでした。しかし、海外からの観光客がどんどん増え続けていることで、海外旅行先として高山が日本の他の観光地に劣らない高評価を受けているという事実が広まったのです。自分たちよりも先に、海外の人々が高山の良さを見抜いていたわけですね。高山は観光地として三ツ星の評価を獲得しています。他に同等の評価を受けたのは、日本では東京と京都、それから奈良と日光しかありません。これらの名高い観光地と同じ一流の価値があると認められているんです。これだけ優れているところなら、国内旅行先としても満足度が高いはずです。

どうしてそんなに高評価なのか

観光地として一流の評価を受ける前の高山は、岐阜の中でもひっそりとした地域でした。でも市の方針で高齢者の人が住みやすくて、観光客も滞在しやすいようにバリアフリーを推進するようになってから風向きが変わっていきます。観光客向けにおもてなしの精神を徹底したり、高山の観光パンフレットも様々な言語で作成したりとあらゆる努力をした結果、海外から日本旅行の中でも快適に過ごせる場所として認識されるようになったのです。もちろん、高山そのものが比較的コンパクトな広さに様々なお店が集まっていて、時間をかけずに観光を堪能することができたり、分かりやすく日本の文化を感じることができる街並みや温泉などの観光資源もたくさんある点も忘れてはならないでしょう。